資格検定詳細情報
名称 実用数学技能検(数学検定)1〜5級
ガイド
「実用数学技能検定」(後援:文部科学省)は、数学・算数の実用的な技能
(計算・作図・表現・測定・整理・統計・証明)を測る検定で、公益財団法人
日本数学検定協会が実施している全国レベルの実力・絶対評価システムです。
おもに、数学領域である1級から5級までを「数学検定」と呼び、算数領域である
6級から11級、かず・かたち検定までを「算数検定」と呼びます。

第1回を実施した1992年には5,500人だった志願者数は2006年以降は年間30万人を
超え、実用数学技能検定を実施する学校や教育機関も17,000団体を超えました。
法人設立以来の累計志願者数は500万人を突破しており、志願者は3歳から
80歳代までと幅広く数学の生涯学習の場として活用されています。

実用数学技能検定の取得者を推薦入試などで優遇・配慮している大学・短期大学が
年々増加しています。また,実用数学技能検定の2級以上を取得すると文部科学省が
実施する「高等学校卒業程度認定試験」の「数学」科目が試験免除されます。

いま,企業は理系・文系を問わず数学技能に優れた人材を求めており,検定の取得は
大きなアピールになります。企業の就職採用試験に取り入れられているSPI試験の
非言語分野対策として準2級を活用する人が増えています。
実施日
年3回(4月、7月、10月)
次回実施日
第305回 2017年7月23日(日)
受付期間
第305回 2017年5月8日(月)〜2017年6月20日(火)
料金
1 級:5,000円(税込)
準1級:4,500円(税込)
2 級:4,000円(税込)
準2級:3,500円(税込)
3 級:3,000円(税込)
4 級:2,500円(税込)
5 級:2,500円(税込)
問合せ先 公益財団法人 日本数学検定協会
〒110-0005
東京都台東区上野5-1-1文昌堂ビル4階
電話:03-5812- 8349
FAX :03-5812- 8345